ワイヤレスネットワーキング研究室

研究業績(平成22年度)

 
【論文誌】

  1. Yoshihisa Kondo, Hiroyuki Yomo, Shinji Yamaguchi, Peter Davis, Ryu Miura, and Sadao Obana, “Reliable Wireless Broadcast with Linear Network Coding for Multipoint-to-Multipoint Real-Time Communications,”IEICE Transactions on Communications, Vol. E95-B, No. 9, pp. 2316-2325, Sept. 2010.
  2. Rocco Di Taranto, Petar Popovski, Osvaldo Simeone, and Hiroyuki Yomo, “Efficient Spectrum Leasing via Randomized Silencing of Secondary Users,” IEEE Transactions on Wireless Communications, vol. 9, no. 12, pp. 3739-3749, Dec. 2010.
  3. 近藤良久, 四方博之, 三浦龍, 小花貞夫, “ネットワークコーディングを用いた多対多端末間高信頼・低遅延ブロードキャスト,” 情報処理学会論文誌, vol. 52, no. 3, pp. 983-996, 2011年3月.
  4. Suhua Tang, Hiroyuki Yomo, Tetsuro Ueda, Ryu Miura, and Sadao Obana, “FRNC: Full Rate Network Coding via Nesting Modulation Constellations,” Eurasip Journal on Wireless Communications and Networking, Volume 2011 (2011), Article ID 780632, 2011.

【国際会議】

  1. Suhua Tang, Noriyuki Taniguchi, Oyunchimeg Shagdar, Morihito Tamai, Hiroyuki Yomo, Akio Hasegawa, Tetsuro Ueda, Ryu Miura, and Sadao Obana, “Potential Throughput Based Access Point Selection,” 16th Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2010), Oct. 2010.
  2. Hiroyuki Yomo, Masaki Bandai, Takashi Watanabe, and Sadao Obana, “Transmission Scheduling for PHY-Layer Wireless Network Coding,” 16th Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2010), Oct. 2010.
  3. Suhua Tang, Hiroyuki Yomo, Tetsuro Ueda, Ryu Miura, and Sadao Obana, “Achieving Full Rate Network Coding with Constellation Compatible Modulation and Coding,”IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM 2010) Dec. 2010.

【口頭発表】

  1. 近藤良久,四方博之,三浦龍,小花貞夫,“ネットワークコーディングを用いた多対多端末間高信頼・低遅延ブロードキャスト,”DICOMO 2010, 2010年7月.
  2. 近藤良久,鈴木龍太郎,吉村直子,寺田岳大,山口真司,四方博之,三浦龍,小花貞夫,“超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)および無線メッシュネットワークを介した災害時アプリケーション通信実験”電子情報通信学会 技術研究報告 SAT2010-41, pp. 69-74, 2010年8月.
  3. 前田良規,橋井雅広,四方博之,“物理層ネットワークコーディングのためのMACプロトコルに関する一検討” 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 技術研究報告(2011年3月)
  4. 難波耕祐,四方博之,近藤良久,湯素華,“ウェイクアップ受信機を用いたRadio-On-Demand NetworksのためのID設計に関する一検討”電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 技術研究報告(2011年3月)
  5. Suhua Tang, Hiroyuki Yomo, Yoshihisa Kondo, Sadao Obana, “New wake up signal transceiver for radio-on-demand wireless LAN” 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 技術研究報告(2011年3月)
  6. 近藤良久、四方博之、湯素華、田中利康、岩井優仁、筒井英夫、小花貞夫、“無線LAN信号を用いた無線LANアクセスポイントのオンデマンドウェイクアップ方式” 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 技術研究報告(2011年3月)
  7. 吉村紘一,田中利康,飯塚宏之,アウストシュテファン,伊藤哲也,近藤良久,四方博之,“省電力APの試作開発”電子情報通信学会 通信方式研究会 技術研究報告(2011年3月)
  8. 岩井優仁,田中利康,飯塚宏之,近藤良久,四方博之,“無線LAN信号を用いたウェイクアップ信号の検討” 電子情報通信学会 通信方式研究会 技術研究報告(2011年3月)
  9. 伊藤哲也,近藤良久,阪田史郎,池永全志,四方博之,“無駄な消費電力量を削減するRadio-On-Demand Networks 概要” 電子情報通信学会 2011年総合大会 (2011年3月)
  10. 四方博之,伊藤哲也,近藤良久,湯素華,“Radio-On-Demand Networksにおけるウェイクアップシステム構成と技術課題” 電子情報通信学会 2011年総合大会 (2011年3月)
  11. 湯素華,四方博之,近藤良久,小花貞夫,“Radio-On-Demand Networksのためのウェイクアップ信号送受信機の提案”電子情報通信学会 2011年総合大会 (2011年3月)
  12. 近藤良久,四方博之,湯素華,田中利康,岩井優仁,筒井英夫,小花貞夫,“Radio-On-Demand Networksのための無線LAN信号を用いたウェイクアップ受信”電子情報通信学会 2011年総合大会 (2011年3月)

【招待講演】

  1. 四方博之,“物理層ネットワークコーディングの研究動向と今後の課題” 電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会 2010年10月
【受賞】
  1. 船井情報科学振興財団 第10回船井学術賞:四方博之
    受賞業績:無線通信システムにおけるクロスレイヤ最適化に関する研究