ワイヤレスネットワーキング研究室

研究業績(平成28年度)

 
【論文誌】
  1. Yuma Asada and Hiroyuki Yomo, "Impact of Hidden Nodes on On-Demand AP Wake-Up Exploiting WLAN Signals," IEICE Transactions on Communications, Vol. E99-B, No. 4, pp. 939-950, April 2016.
  2. 池永 全志,四方 博之,長谷川晃朗,阿部 憲一,野林 大起,伊藤 哲也,"Radio on Demand Networks技術による無線アクセスネットワークの省電力化," 電子情報通信学会論文誌B,Vol. J99-B, No. 4, pp. 261-274, 2016年4月.
  3. Tomoyuki Tani and Hiroyuki Yomo, "Using Received Signal Strength to Detect a Real Wake-up Call for On-Demand WiFi Wake-up," IEICE Transactions on Communications, Vol. E99-B, No. 7, July 2016.
  4. Hiroyuki Yomo, Takahiro Kawamoto, Kenichi Abe, Yuichiro Ezure, Tetsuya Ito, Akio Hasegawa, and Takashi Ikenaga, "ROD-SAN: Energy-efficient and High-response Wireless Sensor and Actuator Networks employing Wake-up Receiver," IEICE Transactions on Communications, Vol. E99-B, No. 9, Sept. 2016.
  5. Masashi Kunikawa and Hiroyuki Yomo, "Improving Fairness with Harvesting-Rate Adapted Polling for Energy Harvesting Wireless Sensor Networks," IEICE Transactions on Communications, Vol. E99-B, No. 9, Sept. 2016.

【国際会議】
  1. Takashi Nagata, Naoteru Nakamura, Masato Miyatake, Akira Yuuki, Hiroyuki Yomo, Takashi Kawabata, and Shinsuke Hara, "VO2 Estimation using 6-axis Motion Sensor with Sports Activity Classification," Proc. of EMBC 2016 August 2016.
  2. Naoteru Nakamura, Takashi Nagata, Masato Miyatake, Akira Yuuki, Hiroyuki Yomo, Takashi Kawabata, and Shinsuke Hara, "Applying Neural Network to VO2 Estimation using 6-axis Motion Sensing Data," Proc. of EMBC 2016 August 2016.
  3. Shinsuke Hara, Takunori Shimazaki, Hiroyuki Okuhata, Isao Shirakawa, and Hiroyuki Yomo, "A Real-Time Vital Sensing System for Persons during Exercises," Proc. of ICCE, Sept. 2016.
  4. Suhua Tang, Chao Zhang, Hiroyuki Yomo, and Sadao Obana, "Energy and Spectrum Efficient Wireless LAN by Tightly Integrating Low-Power Wake-up Radio," Proc. of PIMRC, Sept. 2016.
  5. Kazuki Okita, Hiroyuki Yomo, and Takashi Kawabata, “Heart-rate Data Transmission Control for Vital Sensing from Densely-located Exercisers,” Proc. of 11th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT 2017), Feb. 2017.

【口頭発表】
  1. 物部昌展,四方博之,"オンデマンド型無線センサネットワークにおけるウェイクアップ制御オーバーヘッド削減法" 電子情報通信学会 高信頼制御通信研究会 2016年7月
  2. 松村勇太,四方博之,“走行車両を活用したオンデマンドセンシングデータ収集特性評価”電子情報通信学会 2016年ソサイエティ大会 2016年9月
  3. 大北和貴,四方博之,“高密度大量運動者のバイタルセンシングにおける心拍数データ送信制御法”電子情報通信学会 2016年ソサイエティ大会 2016年9月
  4. 永田貴志,四方博之,河端隆志,“高密度大量運動者のバイタルセンシングにおける心拍数データ送信制御法”電子情報通信学会 ヘルスケア・医療情報通信技術研究会 2016年11月
  5. 宮武聖人,四方博之,“ウェイクアップ受信機を活用したオンデマンド型無線センサネットワークにおける移動データ収集ノード経路制御法”電子情報通信学会 知的環境とセンサネットワーク研究会 2017年1月
  6. 結城祥,四方博之,“APの通信負荷を考慮したAP選択型遅延オフロード法”電子情報通信学会2017年総合大会 2017年3月
  7. 田村直樹,四方博之,“オンデマンド型無線センサネットワークにおけるウェイクアップオーバーヘッド削減法”電子情報通信学会 2017年総合大会 2017年3月
  8. 浅田晃年,宮武聖人,四方博之,“ウェイクアップ受信機を活用したオンデマンド型無線センサネットワークにおけるデータ収集ノード移動経路最適化”電子情報通信学会 2017年総合大会 2017年3月
  9. 田中信甫,四方博之,“ドローンからの電力伝送のみで動作する無線センサネットワークの実現可能性に関する一検討”電子情報通信学会 2017年総合大会 2017年3月
  10. 上出葵,宮武聖人,三木智仁,四方博之,“オンデマンド型無線センサネットワークにおけるドローンを活用したウェイクアップ・データ収集実験評価”電子情報通信学会 2017年総合大会 2017年3月

【招待講演】
  1. Hiroyuki Yomo, "Energy-Efficient On-Demand Wireless Sensor Networks exploiting Wakeup Receiver" Invited Talk at GREENNET in conjunction with WiOpt 2016
  2. 四方博之,“ウェイクアップ受信機を活用したオンデマンド型センサネットワーク” 電子情報通信学会 2016年ソサイエティ大会 チュートリアルセッション 2016年9月.