ワイヤレスネットワーキング研究室

研究業績(平成27年度)

 
【論文誌】
  1. Suhua Tang, Hiroyuki Yomo, and Sadao Obana, "Dynamic threshold selection for frame length-based wake-up control," IEEE Wireless Communications Letters, vol. 4, no. 6, pp. 609-612, Dec. 2015.
  2. Shinsuke Hara, Hiroyuki Okuhata, Takashi Kawabata, Hajime Nakamura, and Hiroyuki Yomo, "Real-Time Vital Monitoring for Persons during Exercises - Solutions and Challenges -," IEICE Transactions on Communications, vol. E99-B, no. 3, pp. 556-564, March 2016.

【国際会議】
  1. Masashi Kunikawa, Hiroyuki Yomo, Kenichi Abe, and Tetsuya Ito, "A Fair Polling Scheme for Energy Harvesting Wireless Sensor Networks," Proc. of IEEE VTC 2015-Spring, May 2015.
  2. Yuya Toyoda and Hiroyuki Yomo, "Improving random access efficiency with uniformly deployed relays and interference cancellation for energy-constrained M2M devices," Proc. of IEEE PIMRC 2015, Aug. 2015.
  3. Hiroyuki Yomo, Kenichi Abe, Yuichiro Ezure, Tetsuya Ito, Akio Hasegawa, and Takeshi Ikenaga, "Radio-On-Demand Sensor and Actuator Networks (ROD-SAN): System Design and Field Trial," Proc. of IEEE Globecom 2015, Dec. 2015.
  4. Masato Miyatake, Naoteru Nakamura, Takashi Nagata, Akira Yuuki, Hiroyuki Yomo, Takashi Kawabata, and Shinsuke Hara, "VO2 Estimation using 6-axis Motion Sensing Data," Proc. of ISMICT 2016, March 2016.
  5. Shinsuke Hara, Hiroyuki Yomo, Takashi Kawabata, and Hajime Nakamura, "Challenges in Wireless Networking for Real-Time Vital Sensing from Persons in Exercises," Proc. of ISMICT 2016, March 2016.

【口頭発表】
  1. 川本貴大,四方博之,“オンデマンド型無線センサアクチュエーターネットワーク(ROD-SAN)のシステム特性評価”電子情報通信学会 高信頼制御通信研究会 2016年1月
  2. 國川雅司,四方博之,“無線電力伝送を用いたセンサネットワークにおける余剰エネルギーを活用した協調中継方式”電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 2016年3月
  3. 國川雅司,四方博之,“無線電力伝送を用いたセンサネットワークのための余剰エネルギー活用協調中継法の提案と評価”2016年電子情報通信学会総合大会 2016年3月
  4. 宮武聖人,永田貴志,中村直耀,結城 祥,四方博之,河端隆志,原 晋介,“モーションセンサを用いた運動者の酸素摂取量推算―実験概要と基本特性評価 ―” 2016年電子情報通信学会総合大会 2016年3月
  5. 結城 祥,永田貴志,中村直耀,宮武聖人,四方博之,河端隆志,原 晋介,“モーションセンサを用いた運動者の酸素摂取量推算―6軸データの活用―” 2016年電子情報通信学会総合大会 2016年3月
  6. 永田貴志,中村直耀,宮武聖人,結城 祥,四方博之,河端隆志,原 晋介,“モーションセンサを用いた運動者の酸素摂取量推算 - 決定木を用いた運動分類の有効性 -” 2016年電子情報通信学会総合大会 2016年3月
  7. 中村直耀,永田貴志,宮武聖人,結城 祥,四方博之,河端隆志,原 晋介,“モーションセンサを用いた運動者の酸素摂取量推算―ニューラルネットワークの適用―” 2016年電子情報通信学会総合大会 2016年3月

【受賞】
  1. IEEE VTS Japan Chapter VTC2015-Spring Young Researcher's Encouragement Award: 國川雅司
  2. ISMICT2016 学生研究奨励賞: 宮武聖人

【招待講演】
  1. 伊藤哲也,長谷川晃朗,池永全志,四方博之,“オンデマンド型通信による無線アクセスネットワークの省電力化” 電子情報通信学会 マイクロ波・ミリ波フォトニクス研究会 招待講演 2015年5月
  2. 四方博之,“IoT/M2Mを支える最新無線通信技術” IT連携フォーラムOACIS 第28回シンポジウム 2015年7月
  3. 四方博之,伊藤哲也,長谷川晃朗,池永全志,“オンデマンド型無線ネットワーク:実証実験と移動体センシングへの応用” 電子情報通信学会 ヘルスケア・医療情報通信技術研究会 招待講演 2015年7月
  4. 四方博之,“IoT/M2Mビジネスを支える次世代ワイヤレスネットワーク” 京銀・KIISビジネスフォーラム 2016年1月